和華の葬儀スタイル

親族やごく親しい近親者のみで行える家族葬儀のスタイルを紹介します

家族葬の普及は時代を考えれば当然と言えます

家族葬が増えた理由を考察してみる

現代では多くの親戚や知人を集めて大々的に葬儀を行う例はまれだと言えるでしょう。
その代わりに家族葬のような比較的こじんまりした葬儀のほうがはるかに一般的になっています。
その理由としては一つには核家族化の進行で親戚づきあいというものが薄くなっていることがあります。
これは仕方のないことだと言えますが、昔と違ってその上に兄弟姉妹の数も減っているので、親戚自体が少ないことも家族葬に傾く大きな要因になっています。

親戚に対する考え方の変化が背景にあるのかも

また第二の理由として現代を生きる人間の価値観の変化があるでしょう。
普段会うことのないような親戚に葬式だからとわざわざ集まってもらうと言うのは残された家族にとっては大きな負担になるものです。
色々気を配ることが増えるし、それではとてもしんみりと故人をしのぶことなど出来ないでしょう。
それよりは気兼ねのいらない家族だけで葬儀を行えば故人のことを考える時間も増えるし、そのほうが親戚に気を使うよりは重要だと考える人が多いのではないでしょうか。

人間関係の変化が冠婚葬祭にも影響を与えているようです

このように家族葬が好まれる理由はいくつか考えられますが、根本的には人付き合いの薄さと言うのが大きな要因になっているのは間違いありません。
しかしそれも個人に理由を求めるよりはむしろ現代を生きる人間の宿命のようなものでしょう。
昔のような何をやるにも近所や親戚の手を借りなければならなかった時代ならば葬儀と言っても当然大々的にやる必要が出てくるわけですが、近年では何でも家族だけでやるのが普通で、むしろ近所や親戚の手を借りることなどほとんど無いのではないでしょうか。
そういった現実を考えれば、葬儀の形が昔と変わってくるのは当然だし、家族葬というのが一般的な葬儀の形になるのも、世話になった人が家族だけなら当然と言えるわけです。

和華の葬儀スタイルコンテンツ一覧