和華の葬儀スタイル

親族やごく親しい近親者のみで行える家族葬儀のスタイルを紹介します

家族葬の「家族」の範囲について

どこまでが家族で、どこまで呼んで良いのか?

故人の友人などには遠慮して頂き、家族だけで葬儀をしたいという場合は、家族葬を行うことになります。
こういった葬儀は、家族と親戚だけでおこなわれたり、家族だけでおこなわれたり、家族に近いほど仲良くしていた友人も招いてみたりと、様々なかたちになっているのですが、家族葬の「家族」の範囲は、実は定義があるわけではありません。
自分が呼びたい人を、呼びたいように呼べばいいので、複雑な事情があって呼ぶことが出来ない家族がいる場合は、姉妹二人で父親の葬儀を上げたり、親戚のうち、故人のいとこをだけを招いて葬儀を上げたりといった工夫をすることもできるのです。
つまり、「家族」の範囲は人それぞれということになるので、故人の友達を招いても、隣人を招いても、それが家族のように親しい人である場合は「家族葬」ということになります。

家族葬でも呼びたい人は全て呼ぶことが可能です

逆に、家族、親戚、友達、近所の方々などをまんべんなく呼ぶような場合は家族葬ではなくもはや普通の葬儀となってくるので、家族と相談する中で「やはり家族以外の人も呼ぶ必要がある」と感じた場合は、普通の葬儀を執り行うようにしましょう。
そして、家族葬に隣人などを招く場合に関してですが、呼ばれる側は慣れない葬儀のスタイルに戸惑ってしまいがちです。

呼ばれた人の気持ちも考えて配慮しましょう

一つの家族の中に一人だけ、第三者として混じるというのは中々落ち着けないことなので、家族以外の人を一人だけ呼ぶ、という場合は、その人が過ごしやすくなるような工夫をしてみましょう。
そして、そういった人が気を遣って御香典を持ってきたとしても、基本的に家族のみの葬儀では香典は断るものとなっているので、受け取らず、いっしょに故人を見送ることに集中してもらうようにしましょう。

和華の葬儀スタイルコンテンツ一覧