和華の葬儀スタイル

親族やごく親しい近親者のみで行える家族葬儀のスタイルを紹介します

葬儀の新しいスタイル「家族葬」

葬儀で大切なことは、故人と家族の想いです。

亡くなられた方と遺族の想いを汲み入れた「家族葬」という形がここ最近増えてきました。
家族葬を望まれる方には、個人と家族だけで落ち着いて送り出したい方や、遺す家族を想い派手な式を望まない方、経済的な事情がおありの方、義理や付き合いのためにお葬式はしたくない方など、人それぞれさまざまな理由があります。
しかし、いくら故人や家族が望んでもそういう形がとれない場合もあります。
会社での地位や役職のある場合や、地方の風習などによってなかなか受け入れられないこともあります。

葬儀スタイルの希望はエンディングノート(遺書)に遺しましょう

もし、あなたが自分の葬儀は家族葬で行って欲しいという希望がおありでしたら、その希望を遺書という形で残しておくことが賢明です。
会社での立場があっても、地域の風習があっても「故人の遺志」ということであれば、遺されたご家族もその遺志を貫きやすくなります。
世間体や親戚への体面を気にせず、安らかな気持ちで送り出すことができるはずです。
「家族葬」がご自身の意思で、遺していく家族のためを思ってのことなら、なおさら「遺書」を遺すことをお勧めします。

心に残るお葬式にするために

家族だけで行う葬儀には、いろいろな良い点があります。
宗教にこだわることなく、音楽葬やホテル葬など、自分の好みで行うことができるところです。
また、新しい旅立ちの式として、自分らしいスタイルで行うのも素敵です。
自分が家族とともに過ごす最後の時間ですから、「家族葬」といった心に残るお式にしたいものです。
もし、ご自身に最期の時が近づいたら、もしくはそうなる前でも、一度夫婦やご家族で話し合っておきましょう。
ご自身の意思も大切ですが、一番お辛い想いをされるのは身近なご家族です。
きちんと話し合い、互いの気持ちを理解し合うようにしましょう。

和華の葬儀スタイルコンテンツ一覧